ミステリーハンター「世界の不思議を探そう!」

世界中にあるミステリーや不思議な事を追求していきますよ~

脳のメカニズムに隠された不思議な出来事を紹介するね。昏睡状態から目覚めた男性は英語を忘れて中国語を話していた

ベン・マクラホンに起った奇跡

 

僕たちの身体には不思議な事が沢山起こるけど「人の脳」にも信じられないような事をしてしまう事があるんだ。

 

2012年にオーストラリアに住んでいるベン・マクラホンという20歳の男性が車の事故に巻き込まれてしまって昏睡(こんすい)状態になるんだけど、目が覚めた時に彼は普段使っている英語を忘れていて中国語を話していたんだ。

 

 

実際のインタビュー映像

 

www.videoman.gr

 

ベンは病院のベッドで目を覚ますと看護師さんに中国語で呼びかけたらしい。それもカタコトの言葉じゃなくてとても綺麗な発音の中国語だったんだ。

 

ベンが中国語を習ったのはハイスクール時代にちょっとだけみたいだから普通なら話せることは難しいよね。一応は会話は出来るくらいのレベルだったみたいだけどスラスラと話すことは出来なかったって言ってる。

 

その後もペンはしばらく中国語で話していたんだけど本来の英語を思いだすまでには数日かかったみたいなんだ。

 

f:id:ykara:20190526105639j:plain

 

これは脳が中国語を勉強した事や発音そのものを自然に記憶していてベンのように昏睡状態のような大きなショックを受けた時に普段は使わない中国語の記憶が甦ったみたいだけど、本当に不思議なことだよね。

 

「これは脳のスイッチが切り替わった事で起きる現象って言われてる」

 

僕らが普段使っている脳の割合はわずかに10%くらいしかないって知ってる?あれこれ考えたり悩んだりしても本来の力は出さないまま過ごしているってことなんだ。

 

ベンのような特殊とも言える出来事は普段使っていなかった脳が引き起こしたものなんだ。わずかな中国語の記憶だけど、脳の一部では鮮明に覚えていて大きなショックを受けて鮮明だった記憶が甦ったんだ。

 

このように脳のスイッチが切り替わってしまった事例は他にもあって、2012年のアメリカでも起ってるんだ。

 

サラ・トムソンに起った出来事

サラはアメリカに住む女性で当時は34歳で旦那さんと子供たちに囲まれて幸せな生活を送っていたんだ。

 

そんな時にサラは動脈の問題が発生して身体中へ血液を運べなくなってしまい昏睡状態になってしまった。サラが意識を取り戻したのは倒れてから10日も経っていたから家族は大喜びだったけど、一つの問題が発生していまう。

 

「サラの記憶が過去に戻ってる」

 

サラは19歳までの記憶は覚えているけど、その後の記憶は一切覚えていなくて旦那さんや子供たちの事まで忘れてしまっていたんだ。

 

さらにサラは行動も19歳の頃のようになっていて髪を染めてみたりと今までとは違う行動をしたんだ。旦那さんの事も覚えていないから最初に見た時は病院のスタッフだと思ったって言ってるから悲しいよね。

 

でも、家族の懸命な支えもあってサラはもう一度旦那さんを好きになってしまうんだ。

 

「映画みたいな話だけど皆が嬉しいことだよね!」

 

今では新しい関係ではあるけれどもう一度家族としてやり直してるんだよ。

 

f:id:ykara:20190526110727j:plain

出典:

Mother awakes from coma and thinks she is in 1998 | Metro News

 

14年分の記憶は無くしてしまったけど今のサラと家族は再び楽しい毎日を過ごしているんだ。

 

まとめ

脳のメカニズムには世界中の学者さんたちが研究を続けているけれど、ほとんど解明されていないかもしれないよね。いくら科学が発達した現在でも昏睡状態や大きなショックを受けた時の脳の働きは全くといっていいほどに不思議な現象を起こしてしまうんだ。

 

自分に起ってしまったらチョット怖いけど体験してみたい気もするよね。

 

ヒトの身体や脳って本当に不思議なことがいっぱいで面白い!