ミステリーハンター「世界の不思議を探そう!」

世界中にあるミステリーや不思議な事を追求していきますよ~

経営者の心得「One for all, all for one」一人はみんなのために、みんなは勝利のために行動する

f:id:ykara:20190811113505j:plain

 

9月のゴタゴタで学んだこと



「One for all, all for one」

この言葉はよくラグビーなどで使われているけど聞いたことがあると思う。

僕の会社の社長もラグビー大好き人間でこの言葉をよく使ってるんだ。

でもこれって結構間違った意味で覚えている人も多いんじゃないかな~

一人はみんなのために、みんなは一人のために。こういった解釈をしていた人もいるよね?僕も前はこの意味で覚えてしまっていたけど、実は違うということがわかったんだ。

 




スポンサーリンク

 

 

 

 

考えろ!とにかく考えることが大事



社長曰く「One for all, all for one」は「一人はみんなのために、みんなは勝利のために行動する」だから自分が何をするべきかを考えろという事が正解らしい。

ラグビーはチームプレイであって一人では闘うことは出来ないよね。ボールを持った選手を残りの14人がどうすればトライへ結びつけるかそれぞれが考えて行動しないと点はとることが出来ない。

それは仕事でも同じことであって誰かがミスをして業績が危うくなった時には全員で業績回復するための行動をしなければいけないって事らしい。

いつものように動くのではなくて少しでもプラスに繋がる行動をする。その為には違った視点から見てみることが大切だよと教えられたんだ。

 

 

 

新しい自分を追求



こんな事態になったきっかけは僕らにも責任があった。会社では何年かに一度中途採用をとるんだけれど新人さんに上手に意味が伝わっていなかったりと不手際もあった。

これが元になって受注でやらかしてしまってかなり危険水域まで売り上げが落ちると予想されたんだ。

9月始めにこの事が指摘されて僕も営業頑張ってみましたよ~

 

 

 

意外な発見



普段はやらない仕事をしてみると相手が普段言っていたことや悩みもわかってくるよね。9月の仕事は色々な面で発見することが多くて僕も勉強になったし、全員ほぼ不休という異常事態でもあった。まあ、言い出しっぺの社長が休まないから全員が大変だよねw

何とか受注件数も目標に達した時には会社というよりもチームとしての喜びがあったんだ。その中で一番努力したのは新人さん。一番最後まで仕事をしてたし受注件数も2番目に多かったんだ!

小さなきっかけで人は変われるし成長出来ることをまさに目の前で見た感じだったよ~

一人はみんなのために、みんなは勝利のために行動する

「One for all, all for one」

会社の役員ほど仕事をしなければ企業の成長はあり得ない!そんな有言実行をする社長の話でした。




スポンサーリンク